注目

お酒を飲めない人のチーズの楽しみ方

チーズというと、お酒の肴というイメージが強く、特にワインにぴったりのおつまみと言ったところです。
すると、お酒が飲めない人たちにとっては、無縁になりがちなのですが、では、お酒が飲めなくても楽しめるチーズってあるのでしょうか?
毎日の生活の中で、様々な種類の食材を食べることになりますが、その中で、チーズも大切な栄養素を含んでいます。

主な栄養分としては、よく知られているようにカルシウムです。
カルシウムは骨を作る大切な栄養素で、毎日私たちが直立して歩くことが出来るのも、骨があるからなのです。
しかし、年々年の経過とともに、骨はもろくなっていくので、骨粗しょう症になりやすくなるのです。

だからこそ、若いうちから牛乳を多く飲めと言われていますが、嫌いな人も多いでしょう。
そんな時に代用できるのが、チーズです。
乳製品ですから、当然牛乳のお乳から出来ているわけで、牛乳と同じカルシウムを多く含んでいます。

なので、日常的に食べると良いのです。
でも、そのまま食べるのも、最初のうちはとても美味しいのですが、段々と飽きてきてしまい、最終的には食べなくなってしまう可能性もあるので、先ずは、ちょっとした工夫でより美味しく感じることが出来るのです。
例えば、午後のランチの後のコーヒーとチーズなんていうのも、ちょっとおしゃれだと思いませんか?

コーヒー豆はコロンビアやブラジル等もものが相性が良く、白カビチーズでも青かびチーズでもコーヒーはとてもマッチしているので、是非、お昼休みにちょっと一息〜という人はコーヒーブレイクに一緒にどうぞ。
又、お酒の肴だけでなく、普段の料理の中でも、様々なスタイルで登場していますし、デザートとしても使用する機会が多いので、色んな形で味わってみましょう。
これならば、例えお酒が飲めない、お酒に弱いという人でも、十分にチーズを堪能することが出来ますね。
世界には数多くのチーズが存在しますから、色んなものを取り寄せて、毎日違ったチーズを食べる喜びというのも、ちょっとした趣味ではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 乳製品でお酒にも健康にも欠かせない食べ物 All Rights Reserved.