注目

チーズをつかったサラダレシピ

美味しい食材の中には、チーズが挙げられており、献立の食材としても色々使いまわしが出来ますし、そのまま食べても美味しいということで、男女問わず、年令問わず、人気が高くなっているのです。
勿論そのまま、ワインのおつまみとして食べることが出来ますし、ワイン好きな人は、世界のチーズを取り寄せて、夜な夜なお酒を楽しんでいるという人もいます。
世界中にはチーズこよなく愛している人も多く、主食としている国もいるわけで、人気が高いのですが、やっぱりそのまま食べるのも飽きてしまいますので、何か献立の一部として使ってみましょう。

そこで、今回は、サラダレシピについて、考えてみましょう。
アボガドチーズサラダは、先ず、アボガドとトマト、ベビーチーズにブラックペッパー、オリーブオイル、塩が必要で、サイコロ状に切ったアボガドをこちらも湯むきしたサイコロ状に切ったトマト、そしてサイコロ状に切ったチーズを、お皿に盛り付け、オリーブオイルをかけて、塩とブラックペッパーをかけて、出来上がりです。
ポイントは、オリーブオイルをかけた後に塩をかけるという点で、そうしないとトマトから水分が出てしまい、オリーブオイルとの相性が悪くなります。

もう一つ紹介すると、ほうれん草とりんごとクリームチーズサラダです。
材料は、ほうれん草、りんご、胡桃、ミックスビーンズ、クリームチーズ、レモン汁と白ワインビネガー、砂糖、マヨネーズ、塩、粗びきこしょうで、先ず、ほうれん草を茹で、2センチ程の大きさに切り、りんごは千切りにしてボールに入れて、レモン汁と白ワインビネガー、砂糖を混ぜて入れます。
胡桃を割って入れ、クリームチーズも適度な大きさに手でちぎって入れ、ミックスビーンズも入れて、後はマヨネーズと塩で味付けをし、好みで黒こしょうを入れて、出来上がりです。
ポイントとしては、クリームチーズは多めの方が美味しく、りんごは皮つきの方が見た目にも彩りよくておしゃれですし、皮に栄養があるので、是非剥かずに入れるのが良いです。
色とりどりで豪華なサラダで、栄養満点ですね。

Copyright(C) 2013 乳製品でお酒にも健康にも欠かせない食べ物 All Rights Reserved.