注目

チーズの種類別保存法

チーズというと、独特な香りと味が特徴的であり、世界中で親しまれている食材です。
種類も豊富で、原料となる乳も牛乳もあれば、ヤギ、水牛、羊と色んな動物たちからの乳を使って作られているので、その味も香りも種類によって全然違います。
絞り立ての乳に、凝乳酵素や酸を入れて放置しておくと、白い塊が出来て、水分と分離する為、布などに入れて絞って出来たものが、フレッシュチーズというチーズの原型です。

これに、カビや乳酸菌等を入れて、熟成・加工の工程を何度も繰り返すことにより、美味しいチーズが出来上がるのです。
勿論、加工の仕方も種類によって異なりますし、中には青かびを入れることで、ブルーチーズと言った独特な風味のチーズもあります。
これはちょっと癖があるので、本当に好きな人と苦手と言う人に分かれるのですが、いずれにしても、アルコールの肴としても、中でもワインに合っていて、夜のお酒のお供に、良いでしょう。

しかし、チーズは腐っているからいつまでも保存が可能といった、間違った情報を信じている人もいますが、実際は、きちんと消費期限があるので、注意しないとお腹を壊してしまいます。
なので、きちんとした保存法が必要なのですが、それはチーズの種類により、異なります。
フレッシュチーズはケースやパッケージに入れて冷蔵保存し、冷凍してはいけません。

又、カマンベール等の白カビタイプは、乾燥させてはいけないので、開けた口には、ラップをする等でしっかりと密閉させることが大事です。
そして、出来るだけ開けたら、すぐに食べるようにしましょう。
それから青かびタイプですが、こちらも乾燥させてはいけないタイプで、切り口をしっかりと密閉することを忘れないでください。
又、青かびの場合、繁殖が早いので、他の製品に青かびが移ってしまう可能性も高い為、密閉には慎重に、しっかりと2重にするなどの配慮が必要です。
この他にも、色々なチーズがあり、それぞれに合った保存の仕方がありますので、しっかりと行うようにしましょう。

Copyright(C) 2013 乳製品でお酒にも健康にも欠かせない食べ物 All Rights Reserved.